保存版・婚約指輪ショップめぐり完全ガイド

Site map

婚約指輪のお返し選びであなたの評価がちょっと変わる!?

婚約指輪をプレゼントされたら、いよいよ結婚への実感が増してきますね。これから二人で準備していくことは山のようにありますが、まずは、婚約指輪のお返しを考えましょう。「結納返しは聞いたことがあるけど、ウチは結納なしだから」と安心していませんか?婚約指輪と結納は別ものです。誤解されやすい点もあるので、ここで一度、一般的な常識を確認しておきましょう。お返しは「いくらで」「何を」「どんなふうに」選ぶと良いのでしょうか。最近の流れは、「ちょっと高級」「ちょっと形式的」など「ちょっと〇〇」がキーワードです。

婚約指輪は、結納でいうと「婚約記念品」。双方で準備するもの

結納は、その日を境に、二人が正式に婚約者になることを意味します。男性側が、女性側に結婚の支度金として用意するものを「結納金」といい、女性側はその1割から5割を「袴料」としてお返しします。詳しい説明は省きますが、このとき、縁起物などの「結納品」のほか「婚約記念品」も互いに用意します。記念品として、男性は女性が身につける宝飾品、特に指輪を、女性は男性が身につける時計などを選ぶのが一般的です。

各家庭のしきたりや地域性もありますし、婿養子なら「結納金」を用意するのは女性側であるなど、一概にパターン化はできませんが、これが伝統的な結納です。そこを押さえたところで、本題に入りましょう。

略式化しても、婚約指輪は大切!お返しは、半額くらいの予算です

時代の流れとともに、形式的なことは少しずつ省かれ、今は結納をしないカップルが増えてきました。しかし、婚約指輪だけは用意するケースが多く、その予算は平均30万円ほどといわれます。お祝いのいただき物は、半返しが基本なので、仮に30万円の指輪をプレゼントされたら、15万円くらいを目安にお返しを考えます。

しかし、一緒に買いに行っていなければ、はっきりした値段は分かりませんね。「これ、いくらだった?」と聞くわけにもいきませんから、その場合はブランド名や購入店、鑑定書などから、おおよその額を推測しましょう。あまりにもかけ離れたお返しにはならないように、注意したいところです。

その上で、彼に直接、お返しは何が良いか訊くのが良いでしょう。「いらない」といわれることもありますが、その場合は、先方の両親も「いらない」ことを了承済みなのか、確かめておく必要があります。最初から、お返し分を差し引いて用意していた場合以外は、何らかの形でお返しするのが常識だからです。

身につけるものや必要なもの、ちょっと高級な実用品

かつては時計やスーツなど、身につけるものや仕事に使うものが定番でしたが、最近はパソコンや自転車などの実用品から、ギター、ゴルフクラブ、釣り竿といった趣味のものまで、範囲が広がってきました。予算額に合わせて、お財布やバッグ、タイピンなども記念になりますね。普段選ぶにはちょっとぜいたくな高級品で、必要なもの、喜んでもらえるものを、あらかじめ話し合って決められると良さそうです。

話し合いにくい場合は、彼の持ち物や趣味、習慣等を観察し、自身の両親と相談しながら決めましょう。中には、結婚指輪(ペアリング)とか、新婚旅行の旅行券、両家顔合わせの食事代をお返しに充てるケースもあります。双方が納得するものなら、ルールはないということかもしれません。

選びに行くときは、彼と一緒に。無理なら両親や兄姉と

何をお返しするか決まっている場合は、彼と一緒に見に行くのが良いでしょう。身につけるものならサイズや好みが、趣味のものならデザインやこだわりが反映できて、ベストです。任せられている時は、予算と実用性を考えて候補を絞り、両親や兄姉など家族を伴って選べると安心ですね。デパートなら、専門に扱っている窓口もあるので、相談してみるのも一案です。このとき、友人や職場の同僚を誘って見に行くのは、お勧めできません。自分にその気がなくても、「幸せオーラが鼻につく」ように思われがちだからです。

ちょっとだけ形式的に渡して、感謝の気持ちを伝えよう

結納や両家顔合わせがある場合は、その際、婚約指輪とともに正式にお披露目します。お披露目前から身につけたり、使ったりしていても、特に問題はありませんが、その日だけは、箱に入れたり目録を作ったりして用意します。

そのような場がないときは、日常の中で少しだけ形式的な演出をするとよいでしょう。落ち着いたレストランで食事した後、お礼の言葉とともに渡したり、あらかじめ「お返しがしたいから」と呼び出したりします。彼の誕生日や交際記念日が近ければ、それに重ねて感謝の気持ちを伝えることもできますね。

このとき、照れくさいからと雑な渡し方をするのはNGです。「あ、それ、お返し」と机の上を指さす程度だと、気持ちが伝わらないばかりか印象にも残らず、後から「もらっていない」といわれかねません。人生の、新しいステージを迎える一区切りです。ちょっとの手間を惜しまず、心のこもったお返しで、あなたの評価もさらにアップすることでしょう。