保存版・婚約指輪ショップめぐり完全ガイド

Site map

いくらぐらい?こっそり知りたい♡婚約指輪にかける相場とは?

婚約が決まったら、真っ先に準備したいもののひとつが婚約指輪。でも、結婚が初めての人にとって婚約指輪の相場が分からないのは当たり前のことですよね。結婚指輪にかける金額とのバランスもあるし、式場や新居などにお金がかかるのも事実。そこで、一体いくらぐらいの価格の婚約指輪が一般的なのか、おおよその相場を知っておきたいという方のために、婚約指輪にかける金額をご紹介したいと思います。結婚準備を始める前に、チェックしてみてはいかがでしょうか?

婚約指輪にかける金額はいくらぐらい?

いざ婚約指輪を選ぼうと思ったものの、一体いくらぐらいかければいいの?と疑問に思う人も少なくありませんよね。その昔、婚約指輪は「給料の3か月分」というフレーズがありましたが、今の時代ではかなり変化しているようです。 婚約指輪にかける一般的な平均価格は、だいたい30~40万円の間と言われています(「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」より)。ただし、年代や収入などによっても大きく変わってくるので、あくまでも相場に過ぎませんが、婚約指輪を購入する際の目安として考えるのも良いかもしれませんね。

さらに、婚約指輪の金額に大きく関わってくるのがダイヤモンドの数や大きさです。一生に一度の大切なエンゲージリングだから、思い切って少し大きめのものを選ぶというカップルもいれば、毎日付けられるようにとシンプルなものを好むケースもあるので、それによっても価格に変化が見られるようです。

また、ブランドやデザインなどを重視する場合や、オーダーメイドを希望する場合などにおいても、少し金額がアップするケースもあるので、ふたりの結婚準備に必要なお財布事情に合わせて決めるのが良いかもしれませんね。

婚約指輪ナシはダメなの?

結婚指輪もあるし、わざわざ婚約指輪を渡す必要があるの?と思う人も多いかもしれませんが、まずは、それぞれ異なる意味を持った指輪であることを理解しましょう。

そもそも婚約とは、結婚を約束するもの。これは、古代ローマ時代に始まった習慣であると言われ、当時、誓いの儀式には鉄の輪を贈っていました。後にそれが、金の輪になり、15世紀頃になるとようやく宝石付きの指輪が贈られるようになり、以来これが婚約指輪として広まったそうです。そして次第に、「ふたりの固い絆と変わらない愛」を象徴したダイヤモンドが婚約指輪として用いられるようになったと言われています。

古代ローマ時代において、婚約は結婚よりも重要視されていたとのこと。そういったことからも、永遠の愛を誓い合うふたりにとって、婚約指輪に込められた想いには特別なものが感じられますよね。

このように婚約指輪は結婚を約束した人に贈る「永遠の愛の証」であるのに対し、一方で結婚指輪は結婚したこと、つまり「夫婦の証」を象徴するものです。

婚約指輪を贈った時、ふたりはまだ結婚前、つまり夫婦になる前の段階です。そんなふたりが人生を共に歩むことを決意した永遠の愛を象徴する婚約指輪は、愛する人への真剣な愛を証明する特別な存在とも言えるでしょう。

このようなことからも、婚約指輪は結婚を決意したふたりにとって、永遠の愛を証明する大切なシンボルなのかもしれませんね。

女性は、婚約指輪を贈られたらやっぱり嬉しいもの。エンゲージリングを手にした女性は、結婚して妻になることを実感していきます。そして何より、彼に大切にされているという想いが伝わるのです。真剣な愛を伝えるためにも、ぜひ素敵なエンゲージリングを贈ってみては?

結婚指輪にかける金額とのバランスは?

結婚するにあたり、婚約指輪と同じように準備しなければならない重要なものが、もうひとつあります。それは、結婚指輪ですよね。でも、婚約指輪にかける費用のこともあるし、ここは結婚指輪とのバランスが知りたいところ!では、婚約指輪と結婚指輪にかける金額は、どれぐらいが一般的なのでしょうか?

婚約指輪にかける金額がやや高めであるのに対し、実は結婚指輪の相場は結構現実的です。おおよその平均的な金額は、約10~20万円ぐらいが多いと見られています。婚約指輪に比べると、約半額というグッとお手頃な価格になっていますね。

それもそのはず、普段はあまり付けず、特別な日を選んで付けることが多い婚約指輪ですが、結婚してから毎日付けることになるのが結婚指輪。年を重ねても付け続けるものなので、デザインと品質などのバランスを重視したものを選んでいる人が多いようです。長く使い続けるからこそ、シンプルで飽きのこないデザインが好まれる傾向もあるようです。

また、毎日付けるものなので、あまり高価なものではなく、現実的な価格であることも理由のひとつのようですね。たとえば、万が一失くしてしまった場合や、体型などの変化で付けることができなくなってしまうなど、不測の事態に備えることができるような価格のものを選ぶのもポイントかもしれませんね。

このように、結婚指輪にかける金額は、婚約指輪の約半分が一般的のようなので、それぞれの指輪にかける金額のバランスが見えてきましたね。婚約指輪にかける金額をこっそり知りたいという時には、ぜひ参考にしてみてください!