保存版・婚約指輪ショップめぐり完全ガイド

Site map

 

ピンクゴールドの婚約指輪の魅力は?

同じデザインの婚約指輪でも、最近は素材を選ぶことができるのが普通。素材の選択肢の定番には、プラチナ、ホワイトゴールド、イエローゴールド、そしてピンクゴールドがあります。
ここでは、フェミニンな印象で、かつ洗練された女性をイメージさせるピンクゴールドをピックアップ。素材の特徴や魅力、婚約指輪との相性、お手入れ方法などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ピンクゴールドってどんな金属?

ピンクゴールドとは、ゴールド(金)を素材のベースにして、他の金属を混合させたもの。他の金属の代表は銅。ゴールドに銅を多めに混ぜることで、あの独特なピンク色を表現しているのです。

銅の配合比率によって、色合いに違いが出る点も特徴。ブランドごとに銅の配合比率は異なるので、色々なお店を回って比較してみたいところです。

洗練された女性の印象を醸し出しつつも、フェミニンな印象しっかりと表現しているのがピンクゴールドの魅力。今やほとんどのブランドの基本素材として定番になりました。

ピンクゴールドリングの特徴は?

ピンクゴールドの4つの特徴をピックアップしてみました。

★特長1:フェミニンな印象

ピンクゴールドの最大の魅力は、そのフェミニンな輝き。ピンクなのに決して幼さを感じさせず、むしろその輝きの中には大人の女性らしさを感じさせます。

★特長2:肌馴染みが良いので普段使いに最適

婚約指輪で使われている他の素材に比べると、比較的、肌馴染みが良いとされています。まるで体の一部のように、長く普段使いできる素材です。

★特長3:様々なファッションにマッチするカラー

プラチナなどに比べると、素材に色がついている分、肌の色に近いようにも見えます。主張が強すぎないので、どんなファッションにもさりげなくマッチすることでしょう。

★特長4:変色に要注意

ピンクゴールドに配合されている銅は、温泉成分に反応して変色することがあります。温泉に入るとき、または、入浴剤入りのお風呂に入るときは、念のため指輪を外すようにしましょう。

婚約指輪と相性の良いピンクゴールド

婚約指輪としてピンクゴールドを選ぶときは、その色合いを楽しむことが基本です。

他の色の素材を組み合わせたリングも人気

ピンクゴールド単体の素材も人気なのですが、ピンクゴールドに重ねるように、プラチナやホワイトゴールド、イエローゴールドなどを交えたデザインの婚約指輪も人気です。

ピンクダイヤを乗せてピンク尽くしに

ピンクゴールドにピンクダイヤモンドを乗せて、ピンク尽くしの婚約指輪にする女性もいるようです。ピンク好きの人にはたまりませんね。

ピンクゴールドリングのお手入れ方法

普段のお手入れは、ジュエリークロスや柔らかめの布を使って、やさしく汚れを拭き取りましょう。

また素材が少し黒ずんできたら、中性洗剤を少量溶かしたぬるま湯に浸し、柔らかめのブラシで優しくブラッシングしてみてください。洗浄後はしっかりと乾燥を。それでも黒ずみが除去できない場合には、購入した店舗に持参して再仕上げをしてもらいましょう。