保存版・婚約指輪ショップめぐり完全ガイド

Site map

リーズナブルな価格が人気! シルバー素材の婚約指輪

一般にファッションジュエリーの素材として広く用いられているシルバー。最近では婚約指輪の素材としても用いられることがあるようです。
他の素材を遥かにしのぐ輝きを放つシルバー。素材の特徴や婚約指輪との相性、普段のお手入れ方法などについて詳しく見ていきましょう。

シルバーってどんな金属?

シルバーとは、いわゆる銀のこと。産出量が比較的多いことから、リーズナブルなファッションジュエリーの素材として、世界中で好んで使われています。

ジュエリー用のシルバー素材には、銀の含有量に応じて「SV925」「SV900」などがあります。一般的なリング素材は「SV925」。銀の含有量が92.5%の素材で、輝きと硬度のバランスが最もうまく取れたシルバー素材と言われています。

シルバーリングの特徴は?

婚約指輪としてのシルバーリングには、主に以下の特徴があります。

★特長1:他の素材よりもリーズナブルな価格

シルバーリングの最大の特徴は、プラチナやゴールドに比べて格段にリーズナブルという点。一桁違う価格でも購入が可能です。限られた予算の中でも石にはこだわりたいという人にはおすすめです。

★特長2:変色しやすいのでマメな手入れが必要

硫黄や汗の成分などで変色しやすいのがシルバーの弱点。放置すると黒ずんでしまって輝きが失われるため、普段からのマメなお手入れが必要です。

シルバーと婚約指輪の相性は?

リーズナブルさが魅力のシルバー。素材としての婚約指輪との相性はどうなのでしょうか?シルバーの性質から婚約指輪との相性を見ていきましょう。

多彩なデザインが楽しめる

シンプル系、ゴージャス系、エレガント系など、どんなデザインでも比較的簡単に加工できるので、婚約指輪には向いていると言えます。素材価格がリーズナブルなので、気軽にフルオーダーメイドもお願いできるでしょう。

独特の輝きが指元の存在感を演出

シルバーは、すべての金属の中で最も反射率の高い素材。白く輝くという点においてはプラチナに似ているものの、プラチナよりも遥かに強い輝きを放ち、指元に存在感を与えます。

手入れを厭わない人向け

素材の変質・変色が早いことが難点。マメに手入れができる人でなければ、大切な婚約指輪を台無しにしてしまうかも知れません。普段使いする場合はもちろんですが、長くケースに保管する場合でも、日ごろから手入れを怠らないようにしてください。

シルバーリングのお手入れ方法

普段をお手入れをしっかりと行なっていれば、シルバーは強い輝きを維持し続けます。しかし、ちょっとしたきっかけで黒ずんでしまう性質もあるので、万が一黒ずんでしまった場合の対策も知っておいたほうが良いでしょう。

普段のお手入れ方法

ジュエリークロスによる手入れだけで、ピカピカになります。ただし表面にゴミ等が付着している状態で拭くと、傷をつけてしまう可能性があるので、事前に水で表面をよく洗い流しましょう。
クロスで落ちない汚れは、シルバー専用のポリッシュを使用すれば概ね解決します。

黒ずんでしまった場合の対応

アルミホイルを敷いた容器の中に、指輪が覆われる程度の熱湯を入れます。さらに大さじ1杯の重曹、または食塩を入れ、軽くかき混ぜたうえでシルバーリングを投入します。数秒から数分間放置したあとにリングを取り出し、水を拭き取ってからクロスで磨きましょう。購入時のような輝きが戻ります。